ホーム> 會社案內

中小企業の約4割が3年以內に有料クラウドサービス導入を計畫---MSの調査

    米Microsoftは、中小企業(SMB)のクラウドコンピューティング移行に関する調査結果を米國時間2011年3月24日に発表した。それによると、SMBの39%が3年以內にクラウドコンピューティング環境をベースにした有料サービスを1件以上導入する予定という。また、SMBが導入する有料クラウドサービスは今後3年で平均3.3件に増加する見込み。

 現在、1件以上のクラウドサービスを有償導入している企業は29%で、これら企業が導入している有料クラウドサービスの件數は平均2件に満たない。SMBのクラウドサービス導入はゆるやかに進行し、しばらくはオンプレミス(自社導入)型インフラと組み合わせたハイブリッドモデルの運用が続くと、Microsoftは見ている。

 有料クラウドサービスを選ぶ場合、SMBが判斷材料として特に重視するのは過去のサポート體験だ。SMBの82%が、地元に拠點のあるサービスプロバイダーからクラウドサービスを購入することが重要だと答えた。

 またMicrosoftは今回の調査から、3年以內にSMBにおける作業の43%が有料クラウドサービスに移行されると分析している。しかし28%は依然としてオンプレミス型によって処理され、殘りの29%には無料サービスか他のバンドルサービスが使われる。

古怪猴子简单的打法
时时计划软件 河北快三人工在线计划 优博时时彩 一起博彩票 11选5任八稳赚 微信福彩真的能赚钱吗 黄金时时彩计划软件哪个好 江苏十一选五开奖视频 最新僵尸来袭安卓版下载 下载二人斗地主 广东快乐十分任二稳赚 广西11选5官网 广东快乐10分下载 矿泉水经销商赚不赚钱吗 重庆时时杀号定胆 沈阳棋牌大赛麻将